骨董品のお引越しは気を使う

引越しの会社って一般の引越しのほかに、美術館での美術品の輸送とかもしていますね。
あれってとても大変で気を使うお仕事だと思いますが、美術品を間近で見ることができるし触れるのでうらやましいなと思います。依頼されて梱包するところを見たことがありますが、まず美術館のスタッフの人と美術品の現状確認をするところから始めるみたいです。
輸送途中に傷がついたりした場合は賠償問題になるのでしょう。
見つける引越し単身パックのポイント
輸送途中も振動を与えない工夫とか色々するらしいです。
こうして色々なものを運ぶノウハウが、また引越しの時にも役に立っているのでしょうね。
私の家にはそんなに気を使って運ばなければいけない美術品などはありませんが、色々お高い骨董品があるお宅では、引越しの時にオプショナルサービスで美術骨董品の輸送をつける場合があるそうです。別料金なんですね。
選ばれたスタッフがするのでしょうか。一度そういったお宅の引越しって見てみたいものです。
豪邸を拝見できる番組を見ていると数千万円の絵とか、壷とかがあるお宅があるので、そういった家の人が依頼するのでしょうね。