www.lannypoffo.in.net

野球の投手は球速がすべてではない

野球で投手の球速が速ければ速いほど良いピッチャーと一般の人は考えがちですが、必ずしもそうとは言えないです。もちろん球速が160キロに届くような超剛速球を投げる投手なら、打者はたとえプロであってもそうは打てないです。ですので、投手の球速が速いということはとても大きな武器になります。

 

ですが、たとえ球速が130キロ台しかなかったとしても、それで打者をアウトにできないわけではありません。どうしてそれが可能なのかというと、投手には投球術があるからです。打者のクセを読み、速い球と遅い球を上手く使い分けることで、打者が打つタイミングをはずしていくのです。役立つ情報の野球 まとめ今話題になっています!

 

それはもちろん投手が独断ですることではなく、キャッチャーや場合によってはベンチ陣とともに一丸となって投球術を考えていきます。つまり、たとえ球速があまりないと悩んでいる投手であっても良い投手になることはできますし、必ずしも剛速球投手でなければ良い投手になれないということではないのです。